COLUMN

コラム

ファスティング酵素とは

ファスティング酵素という特別な酵素があるわけではありません。

ファスティングでは数種類の果物や野菜を発酵させて造った酵素ドリンクを使用するので、多くの方がそう思っているかもしれませんね。

ファスティングで酵素を使うのは、ミネラルファスティングといいます。

ファスティングは厳格なルールが無いため、自分で自家製酵素ドリンクを作って行うものやジュースクレンズという新鮮な野菜と果物をジュースにして飲むやり方があります。

私が指導するファスティングは、杏林医学研究所の山田豊文先生の提唱するファスティングをベースに分子整合医学美容食育協会の考えに基づいた安全性の高いプログラムで行います。

使用する酵素ドリンクも医学的な根拠のあるものを使いますので安心してください。

【ファスティング酵素ドリンクについて】のブログで酵素ドリンクの選び方について書きました。こちらも参考にしていただけると、酵素の選び方がわかりやすいと思います。

ファスティングに酵素が必要なわけとは

酵素とは、動植物や微生物そして私達の身体にも存在するタンパク質です。
体内で起こるさまざまな化学反応を引き起こす触媒の役目をします。

酵素には食べ物に含まれる酵素(体外酵素)と身体の中で作る酵素(体内酵素)があります。

食べものを消化・吸収して代謝するのも、排泄やデトックスも体内酵素が無くては駄目なのです。

体内の酵素が上手く働かないと免疫力の低下やアレルギーや肥満など体調不良につながります。
私達は、体内酵素の働きを補うために食べ物の体外酵素を摂取する必要があるのです。

ファスティングの目的は、身体のデトックスや細胞の新陳代謝を促すこと。

消化器官を休ませて消化に使われる酵素をも生命活動に使われる代謝酵素のサポートに回します。
さらに体外酵素を摂り、効率的に体質の改善やダイエット・内臓の若返りを促すのです。

そのためにファスティングでは酵素が必要なのです。

酵素は生それとも発酵させたもの、どちらが良いの?

食べ物から酵素を摂ることは、食生活のうえでも大事なことです。
ですが酵素という物質は、酵素だけで働くものでは無く他の食材との関係やあなたの腸内環境によりその働きは変わってきます。

なのでサプリメントのように酵素だけを単独で飲んでもあまり意味をなしません。
例外的に酵素単体で使うことがあります、それは医療で使われる消化酵素製剤です。
治療目的で処方される薬なので、ファスティングでは使わないでくださいね。

では食べ物から直接生で摂るのはどうなのと聞かれます。
答えを先に言うと、じつは生の酵素は身体に直接吸収されません。

食べ物の酵素は、身体の消化酵素による反応で生成されたものが吸収されます。
食材のもつ酵素はその際に自分の栄養素を分解合成する手助けをします。

ファスティングで使用する酵素ドリンクが発酵しているのは、微生物を使い生成された発酵代謝産物が、あなたの腸内環境に有益でファスティング効果も高まるからです。

大事なのは《含まれている酵素の量と種類》です。
発酵した酵素ドリンクもどれだけの食材をどのように発酵させているかが重要です。

ブログをお読みいただきありがとうございます。