COLUMN

コラム

ファスティングの16時間ダイエットってなに?

ファスティングのやり方のひとつに、16時間断食という方法があります。
断続的断食法(インターミッテントファスティング)といわれる方法です。

半日ファスティングや1日ファスティング(週末ファスティング)で行う方もいますのでブログで紹介しますね。

内臓での消化吸収にかかる時間

なぜ16時間食べないのかと言うと、胃や腸で食べ物が消化吸収されるのにある程度時間がかかるからです。

●胃での消化は約3時間から5時間
●腸(小腸)での消化は約5時間から8時間

食べ物が口から入って便として排泄されるまで約24時間から48時間といわれています。

そこで1週間のうち1日または2日間を500キロカロリーに抑えた食事にする、または12時間から18時間なにも食べないというのが、インターミッテントファスティングのやり方です。

ファスティングと言うよりかは、食事の取り方になります。
食事の時間が短いから、1日の摂取カロリーも低いことでダイエットになるということです。

これと同じ考え方で行われているのが、《8:16ダイエット(8時間ダイエット)》で16時間ファスティングも同じです。
1日24時間のうち16時間食べないと8時間のなかで食事を食べることになりますから。

ファスティングの初心者には無理のない方法なのでおすすめともいえますね。

習慣化出来るかどうかがポイント

この16時間ファスティングや8時間ファスティングもそうですが、大事なのはスケジュール化出来るかどうかです。
そして断続的断食法と言われるように、一定期間くり返すことで効果が高まります。

きちんと時間を守って、なおかつ習慣的に出来るというかたは試してみてください。

この方法ですぐに変化が出る人は、もともと食生活が乱れているかたです。
食事内容も含めて見直さないと、一度は痩せてもリバウンドすることもあります。

半日・1日ファスティングも同じく一定期間継続することが前提でおこなうファスティングです。

ご質問などありましたらお気軽にお問合せください。